三重県津市/リフォーム・リノベーションの違いとは

こんにちは。三重県津市のリフォーム・リノベーション修繕のお店I.S.Home(アイエスホーム)株式会社です。


津市の水まわりや内装、外装のリフォームなら是非弊社にお任せ下さい。津市やその近郊の市に特化することで安心かつスピーディーな対応を心がけております!


【リフォーム・リノベーションの違いとは?】


住宅に関する情報を見ていると、よくリフォームやリノベーションという言葉を目にすることがあるかと思います。どちらも住まいに手を加えるという点では同じなので、違いが分からず困惑されてしまう方も少なくないかと思われます。


どちらが良い、悪いではなく、それぞれにメリット、デメリットがあります。違いをしっかりと理解しておくことで、費用を抑えながら、理想の住まいづくりを進められるのです。


いずれが適しているかは、お住まいの状態や目指したいイメージ、予算によっても異なるので、しっかり検討することが大切です。


そこで今回はリノベーションとリフォームの違い、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。現在の住居に何かしらの不満を感じている場合は、どちらの工事が適しているのかの判断にもなるかと思いますので是非ご覧ください。



【リフォームとは】


老朽化した住居空間を快適な形に修理・修繕・改築などすることを言います。


「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築状態に戻すことをいいます。フォームには「元に戻す」「修復する」といった意味合いがあり、一般的には老朽化した建物を新築同様の状態に修繕することをいいます。住宅は年数が経つにつれて壊れたり、古くなったり、汚れたりするものです。このマイナスな状態をリフォームによってきれいにしたり新しくしたりすることで、ゼロの状態(新築の状態)に戻すための機能の回復、つまり原状回復を目的とした工事がリフォームに分類されやすいです。アパートマンションなどの集合住宅の場合には入居者が退居した後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があります。一般的には原状回復とも言われてたりしています。


「マイナスの状態のものをゼロの状態にに戻すための機能の回復」という意味合いとして使われることが多いため、例えば、古くなった畳を張り替えしたり、剥がれた壁紙を張り直したり、古くなったお風呂を新しいものに取り換えるなど、比較的規模の小さい工事ばかりです。賃貸のマンションやアパートの場合では、次の入居者が入る前に行われることが多くあります。新築以上の機能がプラスされるのではなく、あくまでも元に戻すことが目的です。外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどもリフォームとされています。


【リノベーションとは】


既存の建物に大規模な改修工事を加えて性能を向上させたり価値を高めたりすることを言います。リノベーションには「革新」「刷新」といった意味合いがあり、住む人の暮らしやすさに合わせて既存の建物をつくり変えることができます。


「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させることをいいます。


つまり「リノベーション」とは新たな機能や価値を向上させることを表しています。そのため、リノベーションでは住まいの空間をよりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。例えば、耐久性や耐震性を高めるために、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」と言われています。内装デザインや設備機器の交換をはじめ、水回りの位置や間取りの変更など工事の規模が大きいのが特徴です。またリノベーションでは、プランニングの段階から使用する素材を選択できるケースが多く、断熱や採光、通風、省エネ、耐震設計といった機能性を向上する工事も可能です。


リノベーションの中でも特に自由度の高い「フルリノベーション」は、住宅の内装や設備をすべて解体し、躯体だけに残した状態から改修を行います。元々ある間取りや水回りの位置など一切関係なく、一から設計できます。自由度の高さは新築同様でありながら、躯体構造は残っている分、コストを抑えられます。


このように、リノベーションではライフスタイルや生活環境に合わせて間取りを含めて自由自在にアレンジできるという魅力から、近年では非常に人気が高まっています。


つまりマイナスの状態からゼロの状態に修繕するのが「リフォーム」なら、リノベーションは新しい機能の搭載やデザイン性を高めるなど、ゼロの状態にプラスαできる工事です。リノベーションなら、強いこだわりがある人や以前の面影を残したくない人も満足しやすいでしょう。


【リフォームのメリットとは】


部分的に修繕することが多いリフォームは、工事の規模が小さいので費用を安く抑えられます。期間に関しては、工事の内容によりますが、半日から1か月程度で済むことがほとんどです。短期間で工事を終えられるので、例えば物件購入した後にリフォームする場合でも、物件のローン返済と引っ越すまでの賃貸物件の家賃を並行して支払う期間を短くできます。低コストかつ短期間できれいな状態にできるのは、リフォームの最大の魅力といえるでしょう。


またリノベーションとは違い大幅な間取り変更はないので、基本的にリフォーム前の姿と大きく変わることはありません。完成後の住まいをイメージしやすいところもまた、メリットの一つではないでしょうか。


【リフォームのデメリットとは】


リフォームとは、壊れた箇所や古くなった箇所を修繕することを目的としているので、大幅な間取り変更や機能変更による性能の強化まではできません。リフォームで行えるのは、内装の修繕工事や設備機器の取り換えがメインです。


そのため、従来の住まいよりも劇的な住みやすさの変化や動線の変化は多くないかと思われます。またリフォームは、一部分のみの改修となるので、住まいの強度に関わる配管や柱といった内部の確認までは行われていません。


今よりもさらに便利な機能を追加したい、暮らしやすいように間取りを変更したなど、元の状態にさらなるプラスを求めたい人はリフォームで満足できる可能性は低くなってしまうでしょう。


【リノベーションのメリットとは】



リノベーションの最大のメリットといえば、生活スタイルに合わせて自由な設計ができるところです。例えば、ベビーカーや自転車を置けるように玄関を広くしたり、家事動線を良くするために水回りを1か所に集めたり、リノベーションなら「こうしたい」「こんなのが欲しい」という希望を叶えられます。また和風テイストから北欧やアメリカン、イタリアンテイストに変えるなど、雰囲気をガラリと変えることも可能です。


ほかにも、物件の選択肢が多いところもリノベーションならではのメリットです。新築を建てるときは、まず土地を探さなければいけません。人気エリアはすでに住宅がたくさん建てられていたり、たとえ立地条件が良くても環境や設備に不安があったり、納得できる土地を見つけるのは容易ではありません。リノベーションなら中古物件や築古物件なども選択肢に含まれるので、条件の良い物件に出会いやすいです。


【リノベーションのデメリットとは】


リノベーションで行う工事は広範囲にわたるので、解体工事も含めると1~3か月ほどかかります。物件探しからプランニング、現地調査、解体工事、改修工事…と行われるので、リフォームに比べると工期は長くなりやすいです。


さらに改修する規模は大きくなるほど、工事費用も高くなります。リノベーションの場合、一般的な住宅ローンは利用できません。借入れするのであれば、住宅ローンよりも金利が高いリフォームローンを検討することになるでしょう。金利が高いと支払う利息が増えるので、負担になりやすいです。自治体によっては、リフォーム減税や補助制度を導入している地域もあります。市役所のHPから確認できるので、チェックしておくと良いでしょう。


弊社ではお見積り額のご相談も含め設計士が丁寧にヒアリングの後、お客様にあったプラン設計、施工までのサポートをさせて頂きます。是非安心してご相談頂けたらと思います。


本日もありがとうございました。


これからもI.S.Home株式会社をよろしくお願い致します。


お問合せ:059-269-6291