家の寒さは断熱リフォームで解決!

こんにちは。三重県津市のリフォーム・修繕のお店I.S.Home(アイエスホーム)株式会社です。


津市の水まわりや内装のリフォームなら是非弊社にお任せ下さい。


さて今年も残すところあと僅かとなりましたが弊社は本日まで現場が動いております。


さて冬は何かと家のトラブルも発生しやすい時期かと思います。気づかず放置し続けるとより悪化したりお家の痛みも進行してしまいます。是非お正月などご実家へ帰られた際には、お家の痛みや不具合がないかご家族でも気にかけて頂けると早期発見、早期改善に繋りますので幸いです。


【寒い家はどう改善すればいいの?】


さて、何かと寒い時期続くこの頃ですが特に冬場の寒さは高齢者にとっても避けたいところかと思います。「冬場に窓を閉めているのに部屋の中が寒い」「暖房の効きが悪くすぐに寒くなる」というようなご家庭もあるかもしれません。本来ならば冬は暖かく、夏は涼しい家が理想ですが、冬に寒い、夏に暑い家になってしまい大変な思いをされているご家庭もいらっしゃる事でしょう。また、浴室やトイレ、玄関など、家の一部分が寒いという悩みも多いですよね。


住宅の気密性や断熱性の低さが原因で家の中が冷える、暖房が効きにくいといった問題はよく起こります。


気密性能は、室内がどれだけ密閉されているかによって変わりますので、隙間が多いと気密性が下がってしまい、隙間風が多くなります。まや外の冷たい空気が入ってしまうので、家の中をどんなに温めても温度が下がってしまいます。


断熱性能は、断熱材の使用や施工によって変化します。

断熱材の状態や施工方法が適切な状態でないと、断熱性が失われて屋内の熱を外に逃がしてしまうのです。


そのため、この2つの性能を高めて「高気密」、「高断熱」の住宅にすることで、空調や暖房設備が効きやすく、冬は暖かい・夏は涼しい家を実現できます。


【ヒートショックとは】


家の中が冷えていると寒さで暮らしづらくなるだけでなく、ひどいときはヒートショックを引き起こす危険性もあります。


ヒートショックとは、急な温度の変化により、血圧が変わり、失神・不整脈・脳梗塞などを引き起こす現象です。主にこのような現象は、寒暖差のある室内の各所で起こりますが、特に脱衣所から風呂場へ行く際に最も注意が必要です。


寒い脱衣所や風呂場で服を脱ぐと、急激に身体が冷えて血圧が上がり、湯船の中で温まると再び血圧が下がります。急な血圧の上昇が、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす要因の1つとされており、また、入浴後に血圧が急に低下することで、失神につながり、転倒や入浴中に溺れてしまう事故が起きることになります。


特に、高齢者や生活習慣病の方のリスクが高く、65歳以上の溺死者は全体の92%を占めているため、当てはまる方は特に注意してください。


【寒さ対策のリフォームをあらゆる箇所の工期や費用の観点から考える】


さて一口に「高気密」、「高断熱」の住宅にするといってもどのようにすればいいのでしょうか?


高気密・高断熱で快適な住宅にするためには、ズバリ!!気密性・断熱性を下げている箇所をリフォームする必要があります。リフォーム箇所ごとの工事の内容や費用相場、工期についてご紹介します。


●壁・屋根の断熱リフォームによる費用と工期


一般的に住宅の屋根からは5%、換気扇や外壁からは15%ほどの空気が出入りしているとされています。


壁や屋根の気密性や断熱性が低いと、住宅全体の冷えや暖房の効きの悪さにつながります。

特に古い家では、断熱材が不足していることも多いため、専門家にチェックをしてもらうと良いでしょう。


壁や屋根を断熱リフォームする際は、内側に断熱材を入れる方法と、外側から施工する方法があります。

内側の場合は、家の中から骨組みの間に断熱材を敷き詰めていきます。

外側から施工する場合は、壁に断熱効果のある塗料を塗るか、外から骨組みの間に断熱材を貼っていきます。


施工方法によって費用は変動しますが、壁・屋根の断熱化リフォームを一戸建ての壁全体に施した場合は、300〜500万円ほどかかることもあります。広さによって総額は異なるため、あくまでも参考の一つとしてにしてください。


●壁・屋根の断熱リフォーム

費用:5千~3万円/㎡ 工期:2週間~1カ月


●天井の断熱リフォーム

費用:6千~3万円/㎡ 工期:2週間~1カ月


また、天井側からの冷気を感じているようでしたら、天井裏の断熱リフォームも有効な手段です。


敷き込み方法と吹き込み方法がありますが、どちらの場合も施工にかかる期間は1週間未満と短いので、ぜひ気になる方は弊社までお気軽にご相談業ください。


なお、天井裏にスペースがなく、天井を外す必要がある場合には、リフォーム費用が20万円ほど高くなることがありますのでお気をつけ下さい。


●床下の断熱リフォームによる費用と工期


住宅の床下からは約7%の隙間風があるとされています。

温かい空気は上に、冷たい空気は下に行く性質がありますので、それが床を冷やす一因にもなります。


さらに、きちんと断熱がされていないと、床下からの冷たい空気によって、暖房をつけても足元だけが冷える「床冷え」が起きます。


床冷えの対策としては、床下の断熱リフォームが有効です。

床下の断熱リフォームでは、床を張り替えずに行う方法と、張り替えて行う方法があります。


床の張り替えを行わなければ、床下から断熱材を入れるだけなので、比較的簡単な工事で済みます。


●床下断熱リフォーム

費用:5千〜8千円/㎡ 工期:1〜2日


フローリングなどの床材が劣化している際には、あわせて床材の張り替えをしたほうが良いですが、その場合は、3〜6日ほどの期間がかかる可能性があります。なお、フローリングの張り替えも検討する場合、あわせて床暖房の設置もどうするか検討してもよいかもしれません。


●窓サッシの交換・内窓リフォームによる費用と工期


住宅の中でも、開口部である窓は、家の気密性・断熱性を大きく下げる原因となっています。冬場には約50〜60%もの空気が窓から出入りしているため、内窓の設置や窓サッシの性能を上げる対策がおすすめです。


リフォームをする際は、内窓を設置して二重窓にするか、樹脂サッシへの交換やガラスをペアガラスに変更するという方法があります。


工事も窓自体を交換するものから、現在の窓の上からサッシを被せるカバー工法があり、どの方法を選択するか、採用する窓のグレードはどうするかによって、費用や工期も変わります。


●内窓取り付け

費用:9〜15万円 工期:箇所 30分〜2時間


●樹脂サッシへの交換(サッシのみ)

費用: 5万円前後 工期:1日


●ペアガラスへの交換

費用:5〜15万円 工期:1〜2時間


窓の断熱性を改善することによって、結露の発生も解決するので、窓まわりの結露でお悩みの方にはおすすめのリフォームです。


●風呂・浴室の寒さ対策リフォームによる費用と工期


さて、冒頭にも述べさせて頂いた通り脱衣所・浴室は温度差が大きく、さらに裸になるため、ヒートショックが起きやすい場所です。そのため、なるべく症状が起きないような環境にする必要があり、脱衣所・浴室への暖房の設置や、在来工法からユニットバスへのリフォームなどがオススメです。


脱衣所を温めるには、市販の暖房器具や壁掛けのできる暖房の設置といった方法があり、かかる費用は数千円〜8万円程度です。


また、浴室乾燥暖房機を設置することで、浴室内を暖かくすることができます。

機器には、電気式やガス式のもの、設置方法も壁掛けや埋め込みタイプがありますが、手軽に設置でき、費用も安いのは、電気式の壁掛け型です。


在来工法に多いタイル張りの浴室ですが床がひんやりと冷たく感じてしまいます。対策としては、ユニットバスへの交換や、床にシートや樹脂の床材を張る方法があります。


ユニットバスに交換する場合は、クッション性があり、乾きやすく冷たくないタイプの床材が多いので、そういったものを選ぶと良いでしょう。また浴室に窓がある家は、前述したような窓断熱リフォームをすることで、冷気が入ってくるのを防ぐことができます。


●在来工法からユニットバスへのリフォーム

費用:100〜200万円 工期:1週間前後


●浴室暖房機設置

費用:10〜50万円 工期:2時間〜1日


●窓の断熱化

費用:5〜25万円 工期:30分〜1日


●脱衣所への暖房設置

費用:数千〜8万円前後 工期:2時間〜1日


●シート・タイル・樹脂など床材施工

費用:4〜14万円 工期:1日


●トイレの寒さ対策リフォームによる費用と工期


断熱対策を行っていないトイレは寒いですし、一部ではありますが、肌を露出するのでヒートショックを起こしやすい場所です。


トイレの寒さ対策は、脱衣所や浴室と同様に、市販の暖房設置や、窓があれば窓の断熱化、また暖房便座への変更があげられます。便座だけの交換であれば、費用も時間もかからないので、おすすめです。


暖房便座への交換

費用:5〜10万円 工期:1〜2時間


なお弊社ではお客様に喜んでいただきたくトイレ取替取替工事を便座交換とさほど変わらない特価価格でさせて頂く事も多いためトイレ工事をご検討の方は是非お気軽にお声がけ下さい。


●玄関ドア交換リフォームによる費用と工期


窓同様、玄関も開口部なので、寒さ対策が必要な場所です。

玄関の隙間風対策や、ドアを断熱性の高いものに交換するリフォームが効果的です。


玄関ドアを交換する際には、既存のドア枠の上から新たなドア枠をかぶせる「カバー工法」で設置が可能なので、ほとんどの場合1日で工事が終わります。しかし、ドアのサイズや形が特殊な場合は、カバー工法では対応できないため、高額になる可能性もあります。


カバー工法でのリフォームが可能かどうか、是非弊社が見させていただきますのでご相談下さい。


玄関ドアカバー工法施工例

https://www.is-home-inc.jp/gallery/apartment/30400


●玄関ドア交換(カバー工法)

費用:20〜50万円 工期:1日


【断熱リフォームで補助金・減税が活用できる!?】


断熱(省エネ)リフォームは、自治体によっては、補助金を設けていることもあります。断熱窓への改修促進等による住宅の省エネ・省CO2加速化支援事業(先進的窓リノベ2024事業)について


既存住宅における熱損失が大きい窓の断熱性能を高めることにより、エネルギー価格高騰への対応(冷暖房費負担の軽減)や2030年度の家庭部門からのCO2排出量約7割削減(2013年度比)への貢献、2050年ストック平均でZEH基準水準の省エネルギー性能確保への貢献を目指します。

 なお、本事業は、「高効率給湯器導⼊促進による家庭部⾨の省エネルギー推進事業費補助金(経済産業省)」及び「既存賃貸集合住宅の省エネ化支援事業(経済産業省)」、「子育てエコホーム支援事業(国土交通省)」と連携し実施します。



●「住宅省エネ2024キャンペーン」のウェブページ 

https://jutaku-shoene2024.mlit.go.jp/


●先進的窓リノベ2024事業事務局のウェブページ 

https://window-renovation2024.env.go.jp


●断熱窓への改修促進等による住宅の省エネ・省CO2加速化支援事業の概要

https://www.env.go.jp/content/000176762.pdf


●3省連携による住宅の省エネリフォームへの支援の強化

https://www.env.go.jp/content/000185383.pdf


●高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金【経済産業省】の概要

https://www.env.go.jp/content/000177239.pdf


●既存賃貸集合住宅の省エネ化支援事業【経済産業省】の概要

https://www.env.go.jp/content/000177240.pdf


●子育てエコホーム支援事業(国土交通省)の概要

https://www.env.go.jp/content/000185397.pdf


お考えのリフォーム内容に該当しとうなものがあれば是非ご参考になさって下さい。


また都道府県や市区町村ごとの補助金もあるため、地元のリフォーム補助金に詳しい業者と相談してみましょう。


本日もありがとうございました。


これからもI.S.Home株式会社をよろしくお願い致します。


お問合せ:059-269-6291