キッチンリフォーム中はどのように過ごせばいい?

こんにちは。三重県津市のリフォーム・修繕のお店I.S.Home(アイエスホーム)株式会社です。


津市の水まわりや内装、外装のリフォームなら是非弊社にお任せ下さい。津市やその近郊の市に特化することで安心かつスピーディーな対応を心がけております!


【キッチンリフォームは住みながらでも対応可能?】


キッチンリフォームを検討していると、住みながらでも果たして工事はできるのか、色々気にかかることもありますよね。また、リフォーム中はキッチンを使えなかったり、職人さんが出入りしたりすることから、食事や外出時の対応に不安を感じる方も少なくないでしょう。


今回はキッチンリフォーム中どのように過ごせばいいか気になる方へ向けてお届けします。



キッチンリフォームの多くは、住みながら行うことが可能です。

キッチン本体のみを交換する、もしくは本体の交換と周辺の床・壁を張り替えたりするリフォームでは、ほとんどのお客様が住みながら対応されています。


キッチンのリフォームは長くて1週間程度と短期。その間キッチンを利用する事はできませんが、事前に予定を立て準備することで、問題なく日常生活を送ることができます。


一方、LDKの床をまるまる張り替えたり、トイレやお風呂など他の水まわりもリフォームしたりする場合は、仮住まいに移っていただいたほうがいいケースも。工事自体は住んでいただきながら行えますが、工期が長くなることから、お客様のストレスが大きくなります。


大規模リフォームで施工期間が長くなるときは暮らしやすさを優先し、住みながら行うか、別の場所に移るかを決めましょう。


【住みながらキッチンリフォームする場合の過ごし方】


住みながらキッチンリフォームをする際の過ごし方について解説します。お客様からよくいただくご質問は、以下の4つです。


・日中の居場所

・食事や洗い物

・ライフライン(電気・水道・ガス)

・外出と貴重品管理


●日中の居場所について


リフォーム中はどこに居たらいいのか、迷われる方は少なくありません。安全面と作業面から工事スペースに居ることはできませんが、それ以外は自由に・普段どおりに過ごしていただいて問題ありません。なるべく生活に支障がでないよう、リフォーム会社も配慮しているはずです。


ただ、リフォーム会社からお客様に工事について相談したい場面もあるため、リビングなど近くに居たほうスムーズです。キッチンから離れた部屋や2階で過ごすときは、「2階にいるので何かあれば呼んでください」などと声をかけるといいでしょう。



●食事や洗い物


キッチンリフォーム中はキッチンが使えないため、調理や食器洗いはどうしたらいいのか気になりますよね。工事中の食事方法や、洗い物の対応について見ていきましょう。


なお、冷蔵庫は工事範囲によって移動することがありますが、基本的に通常どおり使えます。



●宅配サービス等で済ませる


最近では、さまざまなお弁当宅配サービスがあるため、そちらを試してみるのもいいでしょう。洗い物が出ないので、キッチンのシンクを使わずに後片付け可能です。しかし、施工期間が長かったり、家族が多かったりする場合は、食費がかさんでしまいがち。ところどころで取り入れるといいかもしれません。



●電子レンジや卓上用の調理器等を活用する

なるべく手料理をしいつもどおりに食事をしたいというときは、卓上用調理器を使った自炊がおすすめです。カセットコンロやホットプレートを使えば、鍋、焼き料理、蒸し料理まで、ほとんど制限なく調理ができます。調理機能のついた電子レンジをお持ちであれば、大活躍するでしょう。


工夫して自炊することで、温かいお料理を食べられますし、健康管理の面でも安心感があります。当社でもおすすめしている食事方法です。


●食器は洗面台で洗う


卓上用調理器を使って自炊する場合は、何かしら洗い物が出てくるものです。鍋や食器は洗面台で洗うことをおすすめしています。


しかしダイニングから遠かったり、使い勝手が悪かったりして不便さを感じることも。できるだけ洗い物を減らすために、割り箸や紙コップ、紙皿を準備しておくと便利です。それぞれで工夫しながら、リフォーム中の食事を楽しみましょう。


●ライフライン(電気・水道・ガス)


キッチンリフォームでは、電気・水道・ガスのライフラインを一時的止めて作業をするタイミングがあります。たとえば、キッチン解体前の1時間程度はトイレの水は流せません。


止める前にリフォーム会社が教えてくれますが、ライフラインが止まって支障が出る時間帯があるときは、事前にすり合わせておくと安心です。


【キッチンリフォームを住みながら行うときの流れ】


住みながらキッチンリフォームをするときは、工事の流れを知っておくと安心です。キッチンリフォームは、一般的に以下の手順で行います。


①養生

②既存のキッチンの解体、撤去

③給排水管や配線など位置変更、新設

④下地の調整と補強工事

⑤新しいキッチンの搬入、設置

⑥給排水管、配線の工事

⑦内装工事(必要な場合)


施工期間はリフォーム内容によって異なります。キッチンの交換だけといった比較的簡単な工事であれば2~3日程度、キッチン周辺の床や壁の内装工事も含む場合は5日程度が目安です。キッチンのレイアウト変更など、大規模な工事になる場合は半月ほどかかることもあります。


【キッチンリフォームを住みながら行う前にこれをしよう】


キッチンリフォームをスムーズに進めるために、事前に行なっておきたいことは以下です。


・キッチンに置いてある物を移動する

・ご近所の方に挨拶をしておく

・ペットの居場所を考える


これらを行うことで、効率的に工事を進められ、ご近所トラブルを防ぐことにもつながります。



●キッチンに置いてある物を移動する


キッチンリフォームでは、キッチンの解体・搬入ができるスペース、職人たちの作業スペースを必要とします。工事が始まってすぐに作業に取りかかれるよう、動かせるものは事前に移動させておくことがポイントです。


また、リフォーム中は自由にキッチンに入る事が出来ないため使いたい物や生活に必要なものは別室に保管しておきましょう。


どこまで片付ければいいのかは、リフォームの現地調査の際に担当者に聞けば教えてくれます。



●ご近所の方に挨拶をしておく


リフォームでは、普段はない人の出入りがあったり、騒音が出たりするものです。場合によってはトラブルに発展する可能性も。


ご近所の方には工事を行うことを事前に伝え、了承を得ておくとお互いに安心です。I.S.Home(アイエスホーム)株式会社では事前の近隣様へのご挨拶もさせて頂いております。


●ペットの居場所を考える

ペットを飼っていらっしゃるご家庭は、ペットの居場所も事前に考えておきましょう。知らない人の出入りや工事音などが、ペットにとってストレスになってしまうことがあります。業者の出入りが気にならない2階や離れたお部屋で、施主様と一緒に過ごすケースが多いです。リフォーム前に家族間で話し合っておきましょう。


【まとめ】


キッチンリフォームは住みながら行うことができます。工事中の暮らしは少し変わりますが、事前に準備し、家族で工夫しながら楽しんで過ごせるといいですね。


また、日中家に居ることの少ないご家庭は、リフォーム会社に留守を預けることになります。リフォーム会社を選ぶときは、信頼できる会社かどうかもしっかり見極めましょう。



またI.S.Home(アイエスホーム)株式会社では現在行われている住宅省エネ2024キャンペーンでの補助金を利用したお得なリフォームもさせて頂いております。リフォームの際に気になる点がありましたら、遠慮なくお聞きください。お客様が安心してリフォームを進められるよう、丁寧にサポートいたします。


本日もありがとうございました。


これからもI.S.Home株式会社をよろしくお願い致します。


お問合せ:059-269-6291